ベランダ防水工事は使用する目的に合わせて方法を選ぼう

ベランダ家庭菜園を安全に作るならベランダの環境が重要です! ベランダ家庭菜園を安全に作るならベランダの環境が重要です!

ベランダ防水工事の施工方法とメリット・デメリット

雨漏り

ベランダ防水工事の方法には4つの種類があります。ベランダ防水工事に使われる方法は、使う材質や施工の方法で、金額や耐久性が異なります。家庭菜園に向いている防水加工や不向きな加工について詳しく知りましょう。

ベランダ防水工事の種類

アスファルト防水
アスファルトをベランダに流して固めるため、水密率や耐久性が高い方法です。しかし、アスファルトをそのまま既存のベランダに流し固めるので、重量が増します。何度も繰り返すとかなりの重さになるため、支えるための建物強度が必要になります。
ウレタン防水
ウレタン樹脂というボム上の防水膜を作ることができる方法です。アスファルト防水と比較すると、軽量なので建物自体の強度はそれほど必要としません。対候性も高いですが、5年を目安にトップコートの塗り替えを必要とします。
シート防水
ゴム質の素材や、塩化ビニールなどで作られた防水シートを張る方法です。軽量で、短い期間での施工が可能です。しかしつなぎ目があるので、劣化するとつなぎ目や接着力が弱くなった部分の剥離・破断が起きるケースがあります。
FRP防水
FRP(ガラス繊維強化プラスチック)を利用した防水加工です。防水層により、水の侵入を防ぐことができます。価格が少し高い方法ではありますが、水に強いので家庭菜園やガーデニング、屋上緑化などにも良く利用されています。

ベランダ家庭菜園の問題点から選ぶ施工

土汚れに繋がりやすい点については定期的にほこりや土を掃除する必要があります。FRP・ウレタンなどの施工は家庭用高圧洗浄機やデッキブラシなどでの洗浄に問題ありません。勾配が付いていないため水はけが悪い場合には、アスファルト施工で勾配をつけるなどの施工がオススメです。FRPやウレタンのベランダ防水施工後の経年劣化については、定期的にトップコートや紫外線カットの塗料を上から塗ることで対処可能です。ベランダの状態に合わせた防水施工を選ぶと良いでしょう。

TOPボタン