ベランダ防水工事で家に負担をかけないベランダ家庭菜園

ベランダ家庭菜園を安全に作るならベランダの環境が重要です! ベランダ家庭菜園を安全に作るならベランダの環境が重要です!

ベランダで家庭菜園を始める前に

プランター

家庭菜園で、自ら育てた野菜を料理するのはワクワクするプランですね。しかし、ベランダで家庭菜園をする際には思わぬトラブルが起きることがあります。考えられるリスクや、ベランダ防水工事など事前準備についても見ていきましょう。

ベランダ家庭菜園の問題点とは

実際にベランダで家庭菜園を始めた人たちの間に起こった予想外のトラブルをご紹介します。

土が流れて排水管が詰まる(30代/男性)

食費を浮かせようと、空き缶に穴をあけてミニトマトや枝豆の栽培を始めました。しかし、大雨が降った際に、缶の底から土が流れてベランダの排水管が詰まってしまいました。

水はけが悪く、ベランダが漏水。一階に雨漏りが発生(20代/女性)

2階のベランダは水はけが悪くて、よく水が溜まっていました。そこからベランダに漏水して雨漏りになり、一階の天井に大きなシミができてしまいました。

ひび割れが発生していました(30代/女性)

家庭菜園を始めて3年経ち、久しぶりにベランダの掃除をしました。古い家だったせいもあるのか、土を洗い流していると、ところどころひび割れがひどい箇所ができていました。

ベランダが汚れとカビで大変なことに(40代/女性)

放置した家庭菜園を掃除するためにプランターをどかしました。プランターの下は、カビと土汚れでひどい状態でした。

このように、水や湿気、プランターの土などやベランダの劣化によるトラブルが発生することが多くあります。 トラブルを避けるには、事前に家庭菜園に向いたベランダ防水工事や、事前の対策を行なっておくことが必要です。

家庭菜園の前にチェックしておくべき!ベランダ防水工事とは

ベランダ防水工事とは、ベランダの漏水を防ぐための工事です。劣化した部分から、水が浸透すると、建材によって腐食や錆が発生することにより建物の強度が下がります。そのため、水を使う家庭菜園をベランダで行なう前には、ベランダ防水工事を行なうようにしましょう。

あなたのベランダは大丈夫?ベランダ防水工事施工必要可否チェック

ベランダの状態によっては、そのまま家庭菜園を始めると家自体の寿命を縮めてしまう結果になります。 防水状態が問題ないか、ベランダをチェックしてみましょう。

  • ベランダに水が溜まりやすい
  • ベランダにひびわれ箇所がある
  • ベランダの床がめくれている(防水層の破断)
  • ベランダ下一階部分に天井のしみがある

上記の状態は、ベランダの防水状態において赤信号になります。このままだと、内部の鉄筋や木材の腐食が起こるケースが考えられます。最悪の場合、ベランダが崩れるなどのトラブルが発生する恐れがあるため、家庭菜園を始める前にベランダ防水工事を行ないましょう。

防水加工ならなんでもいい?

ベランダ防水工事の防水施工は1つではなく、施工の方法によっては家庭菜園には不向きな場合があります。補修の方法や、使う材質によっても強度や水への耐性は異なるため、家庭菜園を行なうのに向いているFRP防水などの施工方法を選ぶ必要があります。

ベランダで家庭菜園を作るときの注意

ベランダ家庭菜園には環境整備が必要

ベランダで家庭菜園を始めるにあたり、ベランダ防水工事だけでなく、避難経路の確保や土・排水の処理にも注意が必要です。劣化状態のサインを見逃さないためにも、掃除のしやすさなどにも配慮した環境を作るようにしましょう。

安全面に配慮したプランター配置の参考

マンションなどの共用部分として提供されているベランダについては、避難経路として利用されることからコンテナやプランターなどで避難するためのルートを塞がないようにする配慮が必要です。戸建ての一軒家の場合は、その配慮は必要ありません。しかし、火災や地震で玄関や窓からの脱出が困難になった際に、外で救助を待つための緊急避難場所や脱出経路になることがあります。手すりや、ベランダに出るための窓付近にプランターなどを配置すると、被災時に救助や脱出が困難になります。もしもの避難経路について考えた上で、プランターの安全な配置を考えましょう。

ベランダで育てて収穫する楽しみ!家庭菜園おすすめプラン

ベランダ家庭菜園ビギナーが育てるべき野菜ランキング

環境作りが終わったら、まずはベランダで作ることができる初心者向けの野菜から作ってみると良いでしょう。ビギナーにオススメの野菜の1位はサラダの彩りにも活躍するミニトマト。2位は省スペースで育てやすい枝豆。3位は冬にも強いネギ。最初は簡単に育てて、収穫する喜びを堪能しましょう。

定期的な点検でベランダ家庭菜園を維持

防水工事を行なっても経年劣化や、メンテナンス不足でベランダの防水環境や家庭菜園の作物の健康に影響が起こることもあります。虫や病気、ベランダの劣化を避けるためにも、プランターなど直置き・置きっぱなしはNGです。ベランダの防水塗装など、定期的な点検やメンテナンスを行ないましょう。

TOPボタン